自分の身を守るために

エンジニアの職場と言うものは、仕事のモチベーションを上げる事がなかなか難しい環境にあります。その理由は、IT業界での恒常的な人材不足だとも言われているようです。特に下請けの開発会社などでは、エンジニアの不足により育成にまで手が回らない状況が続いています。それがIT業界で働くエンジニアのデメリットとされています。

そのため、自分のスキルは自分自身で磨く事が求められます。単に与えられた仕事をこなすだけでは、新たなスキルは身に着きません。一方で先端技術を備えた若いエンジニアがIT業界に参入する事で、自分の居場所が次第に狭まってきます。このように、自分の身は自分で守らなければならない事が、IT業界で働くデメリットと言うわけです。そのような環境の中で、どのようにモチベーションを上げるかを考える必要があります。
まず大切なのは、自分なりの目標を持つ事です。どのようなスキルを身に着けるのか、そのためには何をすれば良いのかを考える事が大事です。そして将来はどんなキャリアプランを立てるのかも重要です。エンジニアとして働き続けるには、独立するなどの行動が求められます。企業に留まるならば、プロジェクトリーダーと言った管理職としての道を進む事を要望されるからです。その場合には、さまざまなビジネススキルを身に着ける事になります。コミュニケーション能力やプロジェクト管理のスキルなど、覚えるべき事はたくさんあります。そのように自分の進路をきちんと定める事によって、日々の仕事においてモチベーションを上げる事ができます。